​スタッフ紹介

IRORIには夢あるスタッフがたくさんいます!
そんなスタッフと一緒に何かしてみるもよし、何気ない話や悩み事を相談してみるもよし。
なんだか「ほっ」とする空間がここにはあります。

IRORI母団体

一般社団法人LYHTY  代表理事

佐々木 健治

幼い頃に家庭崩壊を経験。両親は離婚、長女は非行を繰り返し、次女は完全不登校であった。

このような背景の中、末っ子として育ち、自分自身も荒れた少年時代を過ごす。

そんな経験を活かし、不安定な現代社会の中で数々の不遇を抱えた子どもたちに寄り添っていきたいと教育の道へ。

学生時代には、児童相談所メンタルフレンドとして不登校児童・生徒に寄り添う活動に従事。

また、公共の教育機関に非常勤スタッフとして勤務し、小学生の教育活動支援に関わる。

その他、幼稚園・小学校教諭一種、自然体験活動補助指導員の資格を取得。

大学卒業後、千葉県、石川県で小学校教諭として学校現場に従事し、様々な問題を抱える多くの子どもたちを担任する。

そんな中、学校外で生きている多くの子どもたちと出会い、

●学校に適応できない子どもたちの学びの場を確保する必要性

●一人の子どもも見捨てないための教育システムを構築していく必要性

を強く感じ、教員を退職。

教員を退職後、小中学校や高等学校でゲストティーチャーや相談員として多くの子どもたちと関わる。

また、大学にて教育の多様性をテーマに講演も行った。

その後、北陸・関東・関西等の教育団体を渡り歩き、多様な教育の在り方についての視察を重ね、研鑽や実践に励む。

そして、2016年9月より、ふるさと石川県にて不登校児童・生徒、障がいのある子どもを含む、すべての子どもたちの心に、

明日への希望を灯すことのできる教育環境をつくりたいと、団体を設立。

常勤スタッフ

​長原 葵

1995年生まれ。加賀市出身。

小学校時代、学級の中で友人がいじめられていた経験から、「学校にいることが辛い、今いる環境を変えたい」と思っている子どもたちに教員として関わりたいという思いから、教育の道に進む。

学生時代、今の教育に対して疑問を抱いているときに佐々木健治と出会い、子どもたちを繋ぐ新たな教育を知るため、LYHTYのインターンを行う。

社会の現状に悩み苦しみながらも、懸命に生きようとする子どもたちのために、”私にしかできないことを、ここで。”という強い想いを持って、LYHTYに就職。

​「自分らしくいられる場所は1つではない。信頼できる人やあたたかい人とのつながりが世の中にはたくさんある。」ということを、教育者として子どもたちに伝えていきたいと考えている。

お布団でゴロゴロするのが好き。おやつはビスコが大好き。

自分だけのやりたいことリストがあり、それを全部達成することが目標。

スタッフ

​岩元 尚輝

熊本県熊本市出身。学生時代の専攻は“教育”とはかけ離れた“ロボット工学”。しかし、学校で出会った友人との関わりや、現代の子どもに関するニュースを目にする中で

一人ひとりの性格や個性に合った学びの必要性を考えるように。ある日ふと見たテレビの特集でIRORIの活動を知り、その取り組みに大きく共感する。

当時教育の道を進んでいなかったものの、今やらなければ後悔するという想いから、IRORIの活動に携わるようになる。

現在は、学生時代日々ロボット開発に打ち込んでいたその経験を活かし、子どもたちと一緒にプログラミングやモノづくり活動に取り組んでいる。

趣味は読書とサッカー観戦。

S__4005935.jpg

教育管理責任者

​松田 幸子

新潟県でのびのびと育つ。美味しい食べ物とバスケットボールで173センチまで成長。

大学で上京、卒業後は接客業や営業事務の仕事に携わる。結婚し子育てしながら仕事をしてきたが、

離婚や娘の不登校により仕事を続けることが困難になる。幸い両親の助けがあり父の地元である石川県移住を決意。

同時に看護の道を志す。学生生活を送りながらたくさんの力を借りて娘と歩んできた。

卒業後看護師として働くが、今まで助けてもらった分自分も力になりたいと思いLYHTYに就職。
子どもたちが安心できる居場所となるよう、身体面、精神面のサポートをしていきたいと思っている。