初めてのプログラミング体験

今日はみんなでパソコンを使ったプログラミングに挑戦!

"囲炉裏(いろり)の間"に大集結して、オリジナルのゲーム作りを行ないました。

 プログラミングってなんだか難しそうなイメージがあるかもしれませんが、今回子どもたちと取り組んだのはとっても簡単に楽しめるもの!

「まわる」「はしる」など動作が書かれたピースをパズルのように組み合わせていくと、その通りにキャラクターが動くというプログラミング教材です(^^)

みんなパソコンに向き合って、どんなゲームにするか真剣に考えています。

オリジナルのキャラクターイラストを描いて、ゲーム内で動かしたりもしていました。

他の子と相談しながら一緒にゲームを作っていく子どもたち。 先生の説明も軽く聞き流し(泣)、どんどん自分たちでゲームを作っていく子どもたち。 作り方を理解する力、そしてそれを実行する力はすごいなーっ!と感じました。

ほとんどの子どもたちがプログラミングに初挑戦でしたが、最後には格闘ゲームやシューティングゲームなど、それぞれが考えたオリジナルのゲームをしっかり作っていました!

これでプログラミングに興味をもってくれた子がたくさんいることを期待しつつ…、また今度このようなイベントをやっていけたらと思います!

最新記事
アーカイブ

一般社団法人LYHTY(リュフト)

代表理事 佐々木健治

✉:info@irori.lyhty.or.jp

☎:076 254 5032