和と輪

May 26, 2017

”わ”って、なんだかとってもやわらかくて、素敵なひびきですよね。

今日はそんな”わ”が良く似合う一日でした。

 

 

今日は午後から、”和”菓子の苺大福づくり。

調理は普段、個人活動として一人二人で行うことが多いので、今日のように大人数で取り組む機会はかなりレア!

事前にこの日のためにポスターや作り方を準備してくれていた一人の子を中心に、子どもたち同士で声を掛け合いながら作っていました。

 

 

 

そんなみんなの姿からはチームとしての”輪”がはっきりと見えました。

 

そして、

「これ本当に手作りなん!?」

そんな声が聞こえてくるくらい、美味しい苺大福が完成!

 

今回も、夜のお茶会で大好評でした(^^)

 

 

 

そして、調理の後は将棋!

日本らしい、”和”のボードゲームですね。

IRORIでも将棋好きの子が多いのですが、今日はその中でも特に将棋にアツい男の子と、校長佐々木の真剣勝負が繰り広げられていました。

みんな、その様子に釘付け!

いつの間にか、その二人の勝負を中心に”輪”ができていました。

 

 

 

先日も、ひがし茶屋街を訪れて”和”の文化を体感しましたが、これからも「日本らしさ」を共有できる時間を大切にしていきたいです。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

一般社団法人LYHTY(リュフト)

代表理事 佐々木健治

✉:info@irori.lyhty.or.jp

☎:076 254 5032