どっちが正解!?格付けチェック!

2017年ももうすぐ終わるということで、今日はお昼から某番組のIRORI版… 「IRORI 格付けチェック」を開催! 似ているようだけどどこか違う…? AとBの二つのお題を比べてどちらが正解か考えるというものです。 今回、2人1組に分かれて、 「音感」「演技力」「金銭感覚」「知識」「記憶力」の5項目の格付けに挑みました。 第1問の「音感」では、普段きいているIRORIのインターホンの音程がどちらかを聴き分けます。 「どっちやと思う?」 「絶対Bやよね!」 こどもたちで話し合って考える様子にスタッフもワクワク。 そして、普段何気なく聞いていても体に染みついているのか、全チーム正解! さすが、一流IRORI様です。(笑) 第3問は「金銭感覚」。 Aは300円のテープ。Bは100円のテープとビニールテープ。 どちらの総額が高いかを、見た目や重さなど五感を使ってよーく考えます。 足でさわって考える子や、 「金銭感覚なんてのはね、ものでは表せないんですよ(笑)」 と名言も生まれました(笑) 最終問題は「記憶力」。 いつも玄関の前にあるIRORIの看板。 8つのロゴのうち2つの順番をいれかえたものをあてる格付けです。 スタッフもやってみましたが全然わからず大苦戦…(笑) こどもたちも、 「もう一回前の画面に戻して!」と全体を見ながら、うんと考えていました。 「IRORI 初期メンバーやから!」とプライドをかけて挑戦する子も。 その子の「え、絶対Aやん!」と即答する姿にスタッフも驚きでした! それぞれ問題、正解だと思うほうの部屋に入って待機。 胸を高ぶらせて正解を待っている分、発表タ

みんなワクワク!クリスマス★

メリークリスマス‼︎🎄✨ クリスマスをみなさんはどのようにお過ごしですか? IRORIでは12月21日にちょっと早いクリスマスパーティーを行いました。 パーティー用の料理はみんなで分担! 空色のキッチンでテキパキと動く女の子達。料理はお手の物な様子です。 「ついでにラスクも作ろう!」 と、残っていたパンとバターでパパッともう一品仕上げるほど! キッチンではあまーい香りがしてくる一方、 男の子達がミニピザを作っている囲炉裏の間からは焦げくさいにおいと大きな笑い声が(笑) 慣れない手付きでしたが、笑顔が絶えず、楽しそうに作っていました。 そして、みんなで協力してたくさんのごちそうが完成しました! ごちそうをみんなで食べながらワイワイおしゃべり。 そして最後には本日のメインプログラム... プレゼント交換!! みんなで輪になって座ると、囲炉裏の間はちょっとだけ窮屈に。 でもその窮屈さがなんだか温かくて嬉しかったりします。 「これくれたの誰〜?」 と、プレゼントの中身だけではなく、誰からのプレゼントなのかを気にする子どもたち。 自分だけではなく、周りの人を意識しながら自然で優しいコミュニケーションを行う姿が素敵でした。 朝から1日かけてみんなで準備して行ったクリスマスパーティーでしたが、 一人一人が自分の役割をこなし、誰かのためにプレゼントを用意する。 そんな、“みんなで楽しむ”ために準備をする楽しさも味わってくれたのではないかと思います。 今年も残りわずかとなりましたが、 子どもたちが気持ちよく新年を迎えられるよう、 スタッフ一同寄り添いながら、残りの日々を過ごして

協力して暗号を解読せよ!

みなさんは『リアル脱出ゲーム』をご存知ですか? 部屋に隠された謎や暗号を解き、部屋からの脱出を目指すというアクティブ型のゲームです。 今回子どもたちは、IRORI内にある「アイデアの山小屋」「森の図書館」「囲炉裏の間」の 3つの部屋に分かれて各部屋からの脱出を目指しました! 森の図書館の子どもたちは1問目から悩み、難しそうな表情....。 五十音表であることに気付かないと進めない問題なのですが、 「分かった!!紙!紙ある!?」 と、部屋にあったペンと紙を取り出して、夢中で何か書き始めました。 それに対し、 「なるほどね!じゃあこの点はもしかして濁点!?」 「ほんとやぁ〜〜!わかったぁ!!」 分かった瞬間の嬉しそうな表情。見ているこちらまで嬉しくなります。 今回の脱出ゲームは、どうしても分からなかったら、 ほかの部屋にSOSの電話をかけられるというライフラインつきでした。 「もしもし!助けてー! あの、この問題が!・・・」 ギブアップ寸前まできたら電話をかけて、ビデオ通話にしながら、 一生懸命説明して答えを求めている姿がとても印象的でした。 みんなで協力して一つの問題に向き合うことで、 一人一人の思いつきや考えがどんどん次につながっていく。 そこに、このゲームの面白さがあります。 そして数々の難問を協力してを解き、各部屋から脱出した先には... 佐々木校長がおしるこを作って待っていました! 脱出して同じ部屋に集合した子どもたちは、 温かいおしることともに、達成感を味わっている様子でした。 達成感を味わった後のおやつは、いつもよりも身体に染み渡るものになったのではないかと思います

心ぽかぽか✾3時のおやつ

おやおや、今日は「空色のキッチン」で女の子たちが何やら作るみたい! 最近、カラーねんどで様々なものを作成することにはまっている子どもたち。 そんな作品の中の一つの”カオナシ”を見て、 「クッキーでも作ってみたい!」という一言が。 そこで今日のクッキングが始まりました! 今回は、粉砂糖と食紅でクッキーの上に絵を描くことができる、 『アイシングクッキー』に初挑戦! 材料を調べて。 ホワイトボードに書いて。。。 協力しながら生地を作っていきます。 たっくさん生地ができたので、2回に分けて焼くことに。 まずは1回目。 焼いている間にお昼ご飯を食べ、一度様子を見に行くと・・・ なんと驚き! 「焦げてる!!!(笑)」 IRORIの柱と同じくらい茶色に出来上がったクッキーには大笑いでした。 2回目は慎重に・・・。 とっても美味しそうなクッキーが焼きあがりました! そしてこの後が腕のみせどころ! アイシングで焼きあがったクッキーを彩っていきます。 「IRORIの文字デコってみたい!」 「カオナシ、なんかおじいちゃんみたいや!」 と、ワイワイ盛り上がりながら。 とっても可愛いアイシングクッキーが完成! カラフルなクッキーの出来上がりに大満足の様子でした。 まだ時間があったので、せっかくだからもう一品。 ホットケーキも作ることに。 「小さいのいっぱい作ったら、IRORIのみんなで食べれるかな?」 女の子からとっても嬉しい一言が。 ふとした瞬間に、みんなのことを考えている優しさが伝わってきました。 「おーい、ホットケーキできたよ~」 みんなのもとへ持っていくと、 こたつで寝ていた子も起きて、みんな

科学を感じる旅に出よう!

本日は小松市のサイエンスヒルズへお出かけ。 しかも!久しぶりの晴天!(みんなの日頃の行いが良いからかな...?) 朝から金沢駅に集合し、電車で小松へ。 もちろん切符だって自分達で買います。 「500円やよね?ほんとに?このボタンで合っとる?」 と、切符一枚買うにも不安そうな子が。慣れないことをするのは誰だって緊張するものです。 他にも、 「俺は子どもだから半額〜!」 と、言いながら大事そうに切符を握る小学生も。その姿はとっても嬉しそうでした。 少しそわそわしながら買った切符でみんなで電車に乗り、いよいよサイエンスヒルズに到着! 着いたなり、何人かの子どもたちがレンズの反射・屈折を利用した体験型の展示物に夢中! 色々な形のレンズを上手く置いて像を映し出そうと試行錯誤... 「こっちの変な形のレンズ置いたらどうなるんかな?」 「見て!ここに凹レンズ置いたら映るよ!」 やっぱり本当に驚いたことや新しく発見したことは誰かに教えたくなりますよね! 他にも、至るところに設置されている科学の仕組みに、子どもたちは釘づけの様子でした。 普段は室内で過ごすことが多いIRORIの子どもたちですが、 駅で真横を通る電車の音に耳を塞いだり、 「電車に間に合わない!」と大急ぎで切符を買ったりしていました。 些細なことですがIRORIの外でしか味わえない、 ドキドキ、ワクワクするような体験もできたのではないかなぁと思います(^^) また旅の日イベントは定期的に行っていきたいと感じさせられる一日となりました。

最新記事

一般社団法人LYHTY(リュフト)

代表理事 佐々木健治

✉:info@irori.lyhty.or.jp

☎:076 254 5032